歯科助手の行える業務範囲
四つ葉 さん 女性  25歳
2015-02-17 20:58:44
こちらの投稿と回答を見る限り、歯科助手としての業務内容とは出来る範囲がかなり少ないように感じました。

行ってはいけないことはいくつか見てわかったのですが、具体的に歯科助手がやれる範囲とはどこまでなのでしょうか?


ちなみに、以前働いていた歯科医院では

・受付、会計、次回の予約取り

・印象を取ったあとの石膏盛り

・バキュームを持つ

・パノラマ撮影(患者さまの高さに合わせる等を含む)

・デンタル撮影(患者さまの口内に器具を入れ、スイッチを押す)

・Cチェックをしている時、先生の言う通りに歯式の記入

・サブカルテと呼ばれる用紙に本日行った内容を先生からの依頼を受け、治療内容を記入する

・慣れた方たちはSPの消毒や、印象を先生の代わりに型取りしたり、デュラシールを用いた仮蓋など

・SC後、患者さまへのTBI指導
(SCは衛生士さんと院長しか行いませんでした。)
小林歯科クリニック(渋谷区神宮前)の小林です。

四つ葉 さん、こんばんは。

櫻井先生の回答に補足になりますが

>口腔内への薬剤の塗布などは歯科衛生士でなければ行ってはいけません。
>TBIは歯科衛生士でなければ行ってはいけません。

歯科衛生士はもちろん構いませんし、歯科医師が行っても構いませんが、歯科助手が行うことはNGです。

念の為。
2015-02-04 21:51:15

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 歯科助手の行える業務範囲
メインカテゴリ 衛生士・技工士・歯科助手 <187>
専門的な質問 <484>
サブカテゴリ 専門的な質問その他 <33>
歯科助手関連 <99>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <63>
抜歯(抜けた・抜く予定) <1925>
歯の異常・トラブル <1022>
歯の痛み <1865>
知覚過敏 <80>
虫歯(むし歯) <1427>
歯の根っこの病気・異常 <409>
根管治療(神経・根の治療) <1334>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <1112>
歯茎(歯ぐき)の痛み <247>
歯周病(歯槽膿漏) <364>
歯列矯正(矯正歯科) <1201>
歯並び(歯ならび) <778>
噛み合わせ(咬合) <273>
歯軋り(歯ぎしり) <169>
顎関節症 <150>
審美歯科・美容歯科 <172>
歯のホワイトニング <49>
口臭 <46>
親知らず(親不知) <1278>
上顎洞炎(蓄膿症) <45>
小児歯科・子供の歯 <390>
妊娠〜出産〜授乳 <175>
歯磨き(プラークコントロール) <165>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <582>
アレルギー(過敏症) <39>
麻酔 <137>
薬剤 <141>
レントゲン・CT <83>
歯科恐怖症 <74>
治療費・費用 <246>
医療ミス・裁判・不信感 <533>
詰め物、インレー <479>
クラウン(差し歯・被せ物) <904>
支台築造(歯の土台) <94>
インプラント <483>
ブリッジ <429>
部分入れ歯(部分義歯) <179>
総入れ歯(総義歯) <34>
衛生士・技工士・歯科助手 <187>
専門的な質問 <484>
歯科と全身疾患 <258>
海外 <296>
その他 <2603>
予防審美
小林歯科クリニック
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-7-1
地下鉄表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
とんかつまい泉の並び
ミニストップの2階
03-5474-5884
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.
  
歯科助手の行える業務範囲