上顎洞に交通する穴を塞ぐため、予定より早くインプラント二次オペ
m.y. さん 女性  26歳
2015-08-24 22:13:43
経緯が複雑で文章が長くなってしまいました。
お忙しいところ恐縮ですが、大変不安な状態ですので、何卒よろしくお願いします。


2014年12月、インプラント手術のため、左上4.5.6の3本を抜歯しました。

抜歯の途中で上顎洞炎と診断されました。
上顎洞炎が落ち着くまでインプラントの手術はできないといわれ、後日、上顎洞炎根治術を受けました。
(骨に穴を開けて上顎洞内を洗浄?するもの。術後は定期的にレントゲンを撮って、処方されたクラリスを飲んでいました。)


根治術が終わってから、歯茎に開いた穴(上顎洞と交通しており、空気が漏れる)の縫合(閉鎖)がうまくいかず、なかなか穴が塞がりませんでした。

空気の漏れを度々訴えましたが、「見てるけど、穴なんてあいていませんよ」との診断でした。
(確かに、鏡で見ても穴が空いているようには見えない。)



2015年4月に、上顎洞炎の治療のため延期していたインプラント手術(左上4.5.6)を行いました。

この時点でも上顎洞と通じる穴は塞がっておらず、空気が漏れるのを毎日感じていました。
先生には何度も空気の漏れを伝えており、それを承知の上での手術だったため、問題ないものかと思っておりました。



インプラント手術後、やはり空気の漏れが気になり、先生に再度強く訴えたところ、

「心配なら縫いましょうか。」

と言われ、左上の5番あたりを縫合しました。
その際、減張切開(?)したそうで、翌日からかなり腫れました。
ところがすぐに糸が切れてしまい、更に、縫合前には見えなかった穴が、鏡ではっきり見えるようになっていました。(2ミリくらい。)

すぐに病院に連絡し、それから何度も縫合をしましたが一向に成功せず、縫っても翌日には空気が漏れる...ということを数回繰り返しました。


何度かの失敗の後、普通に塗ってもうまくいかないとのことで、ジェイソンメンブレンというコラーゲン膜を2枚隙間に詰め込み、さらに縫合するという処置を受けました。

その処置のあとは数日間空気が漏れず、初めて成功したように感じたのですが、結局一週間ほどでまた元の状態に戻ってしまいました。
この時点で、2015年の7月初旬です。


メンブレンでの処置が失敗した後、今度はジェイソンフリースというもので穴を塞ぐような処置を受けました。
(メンブレンとは違い、穴の外に露出しても良いので縫合しなくても良い、と言われ、縫いませんでした。)

「3日ほどでくっつくから。」

と言われたのですが、翌日にはまたすぐ空気が抜けてしまいました。
鏡で見ると、以前は2ミリほどだった穴が、5ミリほどに広がっているように見えました。



そして本日、また治療を受けにいったのですが、

「ちょうどインプラントが穴の真下にあって、それが邪魔で穴が塞がらない。
どうせしばらくしたら二次オペで切って頭出しをする部分なので、すこし早いがここだけ二次オペしましょう。」

と言われました。
歯茎の穴が塞がらないからといって、無理やり蓋をするようにして良いのか不安だと訴えたのですが

「どうせ塞がっても穴を開ける場所だから大丈夫です。
土台がたったら、内側に自然に歯茎が出来るから。」

と言われました。



結局二次オペを受け、レーザーをあててもらい帰宅しました。
頭出しをしたのはおそらく左上5番だと思いますが、確証はありません。
もしかしたら6番かもしれません。

帰宅後鏡で見ると、もともとあった穴よりも太い金属のネジ?のようなものが歯茎に埋まっており、一見穴が塞がっているように見えます。

しかし、鼻をつまんだままゆっくり鼻から息を出そうとすると、やはり歯茎から口の中に空気が漏れます。
(歯茎に埋まっている金属のネジの横から、もれた空気で唾液が膨らんで、小さな泡のようになってはじけるのが見えます。)



そもそも二次オペはもっと先の予定でした。
(はっきりとは分かりませんが、おそらく9〜10月?)
それを、縫合がうまくいかないという理由で本日行ったことがとても不安です。
未だに空気の漏れも解決していませんし...。

空気が抜けるかたしかめるような動作は今後控えますが、このまましばらくしたら穴は塞がるものでしょうか。
そもそも、こんな力技的な処置はありえるのでしょうか。
(因みに、上顎洞炎根治術も含め、すべて自由診療です。)


先生を信頼して来ましたが、半年以上穴が塞がらず、精神的にもかなり参っています。
何度縫合してもうまくいかず、ろくにうがいもできず、ストローも使えず、大きな口を開けて話すこともできず、いつ治るのか不安で、考えていると辛くて辛くて仕方ありません。


何か気をつけることや、気付いたことがありましたらアドバイス頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。
小林歯科クリニック(渋谷区神宮前)の小林です。

m.y. さん、こんにちは。

実際の状態が判りませんが、お早めに、例えば、歯学部の付属病院で、現状について診ていただいてみた方が良いように思います。

早く、空気の漏れが塞がると良いですね。
2015-07-28 22:13:43

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 上顎洞に交通する穴を塞ぐため、予定より早くインプラント二次オペ
メインカテゴリ 上顎洞炎(蓄膿症) <45>
インプラント <481>
専門的な質問 <483>
サブカテゴリ インプラントに関するトラブル <123>
上顎洞炎(蓄膿症) <45>
口腔外科関連 <156>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <63>
抜歯(抜けた・抜く予定) <1922>
歯の異常・トラブル <1023>
歯の痛み <1867>
知覚過敏 <80>
虫歯(むし歯) <1430>
歯の根っこの病気・異常 <411>
根管治療(神経・根の治療) <1334>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <1110>
歯茎(歯ぐき)の痛み <246>
歯周病(歯槽膿漏) <361>
歯列矯正(矯正歯科) <1203>
歯並び(歯ならび) <780>
噛み合わせ(咬合) <274>
歯軋り(歯ぎしり) <169>
顎関節症 <151>
審美歯科・美容歯科 <173>
歯のホワイトニング <47>
口臭 <46>
親知らず(親不知) <1283>
上顎洞炎(蓄膿症) <45>
小児歯科・子供の歯 <392>
妊娠〜出産〜授乳 <176>
歯磨き(プラークコントロール) <165>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <587>
アレルギー(過敏症) <39>
麻酔 <135>
薬剤 <142>
レントゲン・CT <86>
歯科恐怖症 <74>
治療費・費用 <245>
医療ミス・裁判・不信感 <534>
詰め物、インレー <478>
クラウン(差し歯・被せ物) <904>
支台築造(歯の土台) <93>
インプラント <481>
ブリッジ <427>
部分入れ歯(部分義歯) <179>
総入れ歯(総義歯) <34>
衛生士・技工士・歯科助手 <187>
専門的な質問 <483>
歯科と全身疾患 <260>
海外 <295>
その他 <2606>
予防審美
小林歯科クリニック
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-7-1
地下鉄表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
とんかつまい泉の並び
ミニストップの2階
03-5474-5884
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.
  
上顎洞に交通する穴を塞ぐため、予定より早くインプラント二次オペ