歯茎が下がり知覚過敏で神経を取るのは通常の治療でしょうか?
くろちゃn さん 男性  65歳
2016-06-15 22:52:39
診断は加齢による歯茎の低下による知覚過敏であること。
その個所をプラコーティングの治療を受けました。

知覚過敏が1日以上続くということは、そこの歯の神経を取らなくてはならない、その場合歯髄炎で、薬では治せないので、神経を取るしかないという説明を受けましたが、様子をみたいので、帰宅しました。

しかし夕方から痛みが止まらないので、鎮痛剤を服用しました。

知覚過敏は、歯髄炎で、神経を取って治療するというのは、通常の治療なのでしょうか。

宜しくご教示ください。
小林歯科クリニック(渋谷区神宮前)の小林です。

>知覚過敏は、歯髄炎で、神経を取って治療するというのは、通常の治療なのでしょうか。

そうですね、知覚過敏が歯髄炎に転じた場合、抜髄を施すのが一般的かと思います。


>様子をみたいので、帰宅しました。

単に様子をみたりするのではなく、何かを確かめるかのように、指や舌による刺激はもちろん、上下の歯をわざわざ接触させないよう、意識して生活なさってみましょう。

ご自身で判断なさらず、お掛かりの歯科医院に、経過を診続けていただいてください。

参考⇒歯髄炎
2016-06-06 22:52:39

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 歯茎が下がり知覚過敏で神経を取るのは通常の治療でしょうか?
メインカテゴリ 歯の痛み <1877>
知覚過敏 <79>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <1113>
サブカテゴリ 虫歯、知覚過敏の痛み <305>
知覚過敏 <79>
歯茎が下がった(歯肉退縮) <104>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <61>
抜歯(抜けた・抜く予定) <1921>
歯の異常・トラブル <1035>
歯の痛み <1877>
知覚過敏 <79>
虫歯(むし歯) <1435>
歯の根っこの病気・異常 <417>
根管治療(神経・根の治療) <1334>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <1113>
歯茎(歯ぐき)の痛み <246>
歯周病(歯槽膿漏) <363>
歯列矯正(矯正歯科) <1201>
歯並び(歯ならび) <773>
噛み合わせ(咬合) <277>
歯軋り(歯ぎしり) <164>
顎関節症 <150>
審美歯科・美容歯科 <175>
歯のホワイトニング <48>
口臭 <50>
親知らず(親不知) <1276>
上顎洞炎(蓄膿症) <44>
小児歯科・子供の歯 <393>
妊娠〜出産〜授乳 <179>
歯磨き(プラークコントロール) <167>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <588>
アレルギー(過敏症) <39>
麻酔 <137>
薬剤 <139>
レントゲン・CT <86>
歯科恐怖症 <76>
治療費・費用 <248>
医療ミス・裁判・不信感 <537>
詰め物、インレー <478>
クラウン(差し歯・被せ物) <913>
支台築造(歯の土台) <98>
インプラント <474>
ブリッジ <433>
部分入れ歯(部分義歯) <177>
総入れ歯(総義歯) <35>
衛生士・技工士・歯科助手 <183>
専門的な質問 <467>
歯科と全身疾患 <260>
海外 <302>
その他 <2606>
予防審美
小林歯科クリニック
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-7-1
地下鉄表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
とんかつまい泉の並び
ミニストップの2階
03-5474-5884
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.
  
歯茎が下がり知覚過敏で神経を取るのは通常の治療でしょうか?