右上7番、歯性上顎洞炎について
ちゅうきち さん 女性  27歳
2016-10-19 07:01:29
初めての投稿になります。

歯性上顎洞炎と診断されました。

まずは、経緯を説明します。

9月の終わり頃、右上7番が痛くなり、9月の頭に虫歯の治療を一旦完了したばかりでしたが歯科を受診しました。
レントゲン等をとり、調べたところ、右上7番の奥が炎症を起こしていることがわかりました。

この歯は、2年程前に神経をとり、今の歯科とは違う歯科で治療をしています。
レントゲンでの所見では、前の歯医者での治療が不十分が原因で炎症を起こしているようだと言われました。

最悪、抜歯になるが、とりあえず治療しましょうということで通っていましたが、1週間ほどで高熱、激しい顔面痛、倦怠感、右鼻から膿、等、上顎洞炎の症状がひどくなり、耳鼻科を受診。

先週水曜、総合病院にて副鼻腔のCTをとり、右側が真っ白ということで、歯性上顎洞炎の診断を受け上顎洞穿刺をおこないました。
それにより、ピーク時より鼻の方は軽快しております。

歯科には、ここで抜歯できるものか口腔外科での抜歯なのかを判断してもらうため大学病院を勧められていますが、大学病院には耳鼻科の治療が完了してからのことで日程は未定です。
耳鼻科には歯が原因なんだから、早く抜歯してもらいなさいと言われています、、

以前に比べると体調はましですが、顎や右上7番の奥の痛みはまだあります。
抜歯は避けては通れないようなので、早めに抜歯をしないと、また、鼻の方が悪化するのではないかと心配です。

大学病院での判断ですが、また、レントゲンやCTをとるのでしょうか?

今までとったので口腔外科か歯科なのか判断できないのでしょうか?

また、大学病院の口腔外科での治療となると、入院や手術など大がかりなのでしょうか?


最後にもうひとつ、前の歯医者での神経を抜いたあとの治療が不十分というのは、よくあることなのでしょうか?

それだけが原因だとは思っていませんが、そういわれると、ん?と思ってしまいます。

歯科でレントゲンをとった際に、薬剤?が白くうつるんだけど、半分しか入ってないね、その奥まで届いてないからそこから炎症を起こしていると、レントゲンを見せてくれながら説明して頂きました。
小林歯科クリニック(渋谷区神宮前)の小林です。

ちゅうきち さん、こんにちは。

>大学病院には耳鼻科の治療が完了してからのことで日程は未定です。

歯性上顎洞炎とのことで右上7番の抜歯が相当と診断されたのに、総合病院の耳鼻咽喉科と口腔外科との連携が出来ていないことが困っているのですね。

例えば、大学病院なのでしたら、院内に両方の診療科があるかと思いますので、より連携がとれているものと推測しますので、相談なさってみてはいかがでしょう。


>大学病院での判断ですが、また、レントゲンやCTをとるのでしょうか?

そうですね、必要があると判断されれば、必要な分だけ撮っていただきましょう。


>大学病院の口腔外科での治療となると入院や手術など大がかりなのでしょうか?

体調もすぐれないようですから、じっくりと対峙していただきましょう。


>前の歯医者での神経を抜いたあとの治療が不十分というのはよくあることなのでしょうか?

その可能性も否定できませんが、必ずしもそれだけが原因ではないように思います。

無事に抜歯していただけると良いですね。
2016-10-10 07:01:29

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 右上7番、歯性上顎洞炎について
メインカテゴリ 歯列矯正(矯正歯科) <1221>
上顎洞炎(蓄膿症) <45>
医療ミス・裁判・不信感 <539>
サブカテゴリ 歯列矯正のトラブル <183>
上顎洞炎(蓄膿症) <45>
歯医者への不信感 <382>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <58>
抜歯(抜けた・抜く予定) <1939>
歯の異常・トラブル <1042>
歯の痛み <1880>
知覚過敏 <80>
虫歯(むし歯) <1406>
歯の根っこの病気・異常 <419>
根管治療(神経・根の治療) <1337>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <1120>
歯茎(歯ぐき)の痛み <247>
歯周病(歯槽膿漏) <358>
歯列矯正(矯正歯科) <1221>
歯並び(歯ならび) <779>
噛み合わせ(咬合) <278>
歯軋り(歯ぎしり) <167>
顎関節症 <150>
審美歯科・美容歯科 <176>
歯のホワイトニング <52>
口臭 <53>
親知らず(親不知) <1287>
上顎洞炎(蓄膿症) <45>
小児歯科・子供の歯 <404>
妊娠〜出産〜授乳 <178>
歯磨き(プラークコントロール) <165>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <584>
アレルギー(過敏症) <40>
麻酔 <137>
薬剤 <138>
レントゲン・CT <87>
歯科恐怖症 <77>
治療費・費用 <249>
医療ミス・裁判・不信感 <539>
詰め物、インレー <469>
クラウン(差し歯・被せ物) <908>
支台築造(歯の土台) <99>
インプラント <489>
ブリッジ <440>
部分入れ歯(部分義歯) <178>
総入れ歯(総義歯) <33>
衛生士・技工士・歯科助手 <180>
専門的な質問 <458>
歯科と全身疾患 <257>
海外 <313>
その他 <2599>
予防審美
小林歯科クリニック
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-7-1
地下鉄表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
とんかつまい泉の並び
ミニストップの2階
03-5474-5884
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.
  
右上7番、歯性上顎洞炎について