根管治療が長引き、抗生剤や鎮痛剤も処方されない
Wasabeef さん 女性  27歳
2017-03-26 07:00:39
昨年末から歯の根っこの治療をしていて気になったので相談します。

12月末から右奥から1つ手前の歯が大きな虫歯で根っこの治療を始めました。
もともと一番奥歯も虫歯で神経は取っていて詰め物が取れた状態でした。

毎回きっちり30分の治療で、何度行っても神経を抜くような処置ばかり。


3回目に治療した際は激痛で24時間対応の歯科に行き、触ってない一番奥歯の歯茎が膿んでいました。
次の日に掛かり付けにいきましたが

「まずは手前の歯を治療しましょう」

と奥歯は放置。
痛み止や抗生剤の処方もなし。

その日の治療終了から30分で治療中の歯に激痛が走りボルタレン2錠飲んで3時間、全く痛みが引かないので歯科に電話しましたが、助手のかたが

「痛み止が切れたんですね」

と適当な回答。結局ボルタレンを2日連続6錠ずつのみ、1週間後の歯科までに20錠近く内服。


1週間後にいくと特に説明もなく

「蓋をすると痛むみたいなので今回から開けときます」

と。
痛み止や抗生剤の処方もなし。
(痛みはなくなりましたが物は詰まるし口臭が酷かったです。)


その2回あとで別の医師に診てもらったとき、

「前に蓋したら悪いとこが残ってたみたいで膿んだようですね、なので綺麗にします。」

と説明。膿んだことも聞いてないし、悪いとこが残ってたのも初耳です。
そのまま治療を続け、昨日が12月末から8回目の治療をしました。
まだ仮の詰め物で根っこの治療が終わってません。



そこで質問です。

1.歯の根っこの治療に2ヶ月かかるのはよくあることですか?
週に一回通ってます。
(今まで3箇所の歯科に通い、神経を抜いて冠をつけるのに3回前後が普通でした)


2.こちらから言わないと痛み止や抗生剤を全く出してくれないのですが、膿んだりしたあとでもこの対応は普通なのでしょうか?
(元々痛みに弱いことはどこの歯科にも説明し、他の歯科ではほぼ毎回痛み止をもらってました)


3.抜髄の際はゴム製のシートを使う、とこの歯科のHPや他のHPでも書いてますが実際使ってません。
よく膿むけどまだ抜髄治療の途中だから使わないのでしょうか?


治療が進んでる気もせず、説明もないので不信感が募ってます。
また、治療後に3回膿んでますが抗生剤などの処方がない、確認もしないのも府に落ちません。
少し遠いけど前に通った歯科に戻ろうか悩んでます。
よろしくお願いします。
小林歯科クリニック(渋谷区神宮前)の小林です。

>治療を続け、昨日が12月末から8回目の治療をしました。
>まだ仮の詰め物で根っこの治療が終わってません。

治療がうまくいっていないようですね。


>痛み止や抗生剤の処方もなし。

薬剤を服用しても、根本的な解決には繋がらないと判断したのかもしれません。


>少し遠いけど前に通った歯科に戻ろうか悩んでます。

Wasabeef さんが当該の歯の保存にどこまで拘るかにも依りますが、例えば、自費での受診になるかと思いますが、歯内療法だけを診ている歯科医院で相談なさるのも、一法かもしれません。

ご参考まで。
2017-02-15 07:00:39

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 根管治療が長引き、抗生剤や鎮痛剤も処方されない
メインカテゴリ 根管治療(神経・根の治療) <1337>
薬剤 <138>
医療ミス・裁判・不信感 <539>
サブカテゴリ 根管治療に関するトラブル <294>
歯医者への不満・グチ <242>
痛み止め・鎮痛剤・抗炎症薬 <53>
抗生剤(抗生物質)・化膿止め <64>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <58>
抜歯(抜けた・抜く予定) <1937>
歯の異常・トラブル <1042>
歯の痛み <1879>
知覚過敏 <80>
虫歯(むし歯) <1407>
歯の根っこの病気・異常 <418>
根管治療(神経・根の治療) <1337>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <1119>
歯茎(歯ぐき)の痛み <247>
歯周病(歯槽膿漏) <357>
歯列矯正(矯正歯科) <1221>
歯並び(歯ならび) <779>
噛み合わせ(咬合) <278>
歯軋り(歯ぎしり) <166>
顎関節症 <150>
審美歯科・美容歯科 <176>
歯のホワイトニング <52>
口臭 <53>
親知らず(親不知) <1287>
上顎洞炎(蓄膿症) <45>
小児歯科・子供の歯 <404>
妊娠〜出産〜授乳 <178>
歯磨き(プラークコントロール) <166>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <584>
アレルギー(過敏症) <40>
麻酔 <137>
薬剤 <138>
レントゲン・CT <87>
歯科恐怖症 <77>
治療費・費用 <249>
医療ミス・裁判・不信感 <539>
詰め物、インレー <469>
クラウン(差し歯・被せ物) <908>
支台築造(歯の土台) <99>
インプラント <489>
ブリッジ <440>
部分入れ歯(部分義歯) <178>
総入れ歯(総義歯) <33>
衛生士・技工士・歯科助手 <180>
専門的な質問 <458>
歯科と全身疾患 <257>
海外 <313>
その他 <2599>
予防審美
小林歯科クリニック
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-7-1
地下鉄表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
とんかつまい泉の並び
ミニストップの2階
03-5474-5884
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.
  
根管治療が長引き、抗生剤や鎮痛剤も処方されない