上顎インプラントオーバーデンチャー、マグネットかボールか
はばたん さん 女性  38歳
2017-04-08 13:02:51
はじめまして。

上顎のインプラントオーバーデンチャーをするにあたり、数件歯科医院を訪問したのち、以下2件どちらかでお願いしようと考えております。

<残存歯の状況>
■上顎
・右 犬歯
・左 奥歯

■下顎
・殆どの歯は何等かの処置を施している(差し歯/詰め物)
 但し一応全ての歯は残っている(抜歯するものも出てくるかもしれないが)


<悩み>
・現在、上顎部分入れ歯(保険)
 入れ歯にして1年程経過しておりますが、床の部分に慣れずこのまま使い続けるのが苦痛。
・可能であれば無口蓋にしたいが、顎にかかる負担を考えるとやはり単純に面積が広い方が力が分散され、負担が少ないのだと自分を納得させ床が広い部分入れ歯のまま使用中。
・食事中、何度も落ちる。がたつく。歯茎に強く当たり痛い。歯茎に傷が出来る。
口内が乾く。噛めない。


<診察内容>
⇒インプラントにするには、サイナスは避けられないとのこと。
 歯が無い本数に伴い、インプラントを多く植立する考えには設計上 理に適っていると同意するがサイナスは避けたい。
 費用面も、納得いく形でインプラント治療をするとなると350前後となる。
 オールオン6も予算的にも骨の負担の上でも除外。
 できれば200程度で一口腔内の治療を行いたい。


<検討結果>
⇒奥歯以外の骨はしっかりしているとのことで、これらのことから、インプラントオーバーデンチャーで進めることに。




* * * * * 

1)【インプラント治療27年/インプラント専門医/多数症例/著書も執筆】

・インプラント埋め込み場所にはこだわらず、今すぐに埋め入れ可能な場所に処置×3本。
指定された場所が、遠心を取っておらず少々不安・・
インプラント埋め入れ後、残っている歯根を抜歯。

・ボールタイプにて。(マグネットは推奨しない。)
 ※脱着の際、マグネット式よりも骨にかかる力が大きく負担になるのではないか?

・保険の入れ歯にて対応。
(無口蓋は顎の骨に負担がかかる為、今迄通り床は広く)
※結局、床は広いまま・・この点が気掛かり・・

・下顎との噛合せは、上顎の治療を終えたのち、順次考えるとのこと。
 ※ここも気掛かり・・尋ねましたが、今は上顎治療優先だから、と。




2)【インプラント治療10年以上/矯正が得意】

・インプラント埋め入れ位置は、全体の咬合を考えた上で設計。
その為、先に抜歯し時間を置いてインプラント埋め入れの可能性。
 ※埋め入れまでの時間は、私としては特に問題視していない。

・マグネットタイプにて。
(上顎のボールやバータイプは推奨しない)
 ※マグネットはカチカチ音がすると聞きます・・
 あと、すぐに落ちる?
(無理な力が掛かった際、脱落する方が負担がないとは思いますが・・あまりに落ちると気になります・・)

・自費入れ歯にて。(無口蓋も可能)
※一番、私が求めている無口蓋の希望が叶いますが・・顎への長期に渡っての負担は、実際のところ??

・下顎を強く、上顎を弱くし、咬合バランスに配慮して下さる。
 (下顎の治療も含めて金額を試算=全ての治療で予算内)



* * * * * 

2件とも、上顎に施す金額は100万円程で、費用的な問題はありません。
ただ、1)の先生については下顎の費用は、上顎を終えてからとのことで未知数なのも、トータル200万の予算内に収まるか心配な点ではあります。

一口に、オーバーデンチャーで・・といってもその設計から、アタッチメント等 違いが出てくるものなのですね。
例えば、アタッチメントについてですと、私の口腔内の状況にはこう、といった経緯ではなく、その先生の推奨されるものでといったところが、どちらが長持ちしどちらが快適であるのか素人のものからすると、どちらか結論づけることが難しく何か些細なことでも検討する上で、アドバイス頂けましたら非常に助かります。

埋め入れ本数も、4本ではなく3本で負担は御座いませんでしょうか。
勿論、インプラントが絶対的で半永久使用可能であるとは思ってはおりませんし全てをベストにしようと考えるのはおこがましいのかもしれませんが。
少しでも長持ちできるよう、考慮したいところです。


どうにも色々思案し過ぎて、決めかねております。
素人の私が、あれこれ考えたところで限界がありますし先生方にアドバイス頂き、健康的に噛める日々を取り戻すべく治療に進みたいと思っております。

纏まらず、長文となり失礼致しました。
小林歯科クリニック(渋谷区神宮前)の小林です。

はばたん さん、こんにちは。

上顎のインプラントオーバーデンチャーをするにあたっての維持装置についての質問ですね。

まず、基本的なことになりますが、1)の先生が仰る「保険の入れ歯にて対応」というのは、混合診療に該当しますので論外になります。


さて、端的に私見を書きますが、骨質を鑑みて、2)の先生が仰る、上顎に対しては「マグネットタイプにて。(上顎のボールやバータイプは推奨しない)」という意見に同意します。

もちろん下顎ならば、ボールやバータイプ、或いは、ロケーターなど他の装置でも構わないと思います。


ただ、「インプラント埋め入れ位置は、全体の咬合を考えた上で設計」という文言には同意しますが、私だったら、必要に応じてサイナスリフト or ソケットリフトを検討するかと思います。

ご参考まで。
2017-02-18 13:02:51

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 上顎インプラントオーバーデンチャー、マグネットかボールか
メインカテゴリ インプラント <481>
部分入れ歯(部分義歯) <179>
サブカテゴリ インプラント治療法 <271>
部分入れ歯 その他 <140>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <63>
抜歯(抜けた・抜く予定) <1921>
歯の異常・トラブル <1022>
歯の痛み <1869>
知覚過敏 <80>
虫歯(むし歯) <1429>
歯の根っこの病気・異常 <411>
根管治療(神経・根の治療) <1338>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <1112>
歯茎(歯ぐき)の痛み <246>
歯周病(歯槽膿漏) <361>
歯列矯正(矯正歯科) <1201>
歯並び(歯ならび) <778>
噛み合わせ(咬合) <274>
歯軋り(歯ぎしり) <168>
顎関節症 <151>
審美歯科・美容歯科 <173>
歯のホワイトニング <47>
口臭 <46>
親知らず(親不知) <1283>
上顎洞炎(蓄膿症) <45>
小児歯科・子供の歯 <392>
妊娠〜出産〜授乳 <176>
歯磨き(プラークコントロール) <165>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <587>
アレルギー(過敏症) <39>
麻酔 <135>
薬剤 <142>
レントゲン・CT <86>
歯科恐怖症 <74>
治療費・費用 <245>
医療ミス・裁判・不信感 <534>
詰め物、インレー <477>
クラウン(差し歯・被せ物) <905>
支台築造(歯の土台) <93>
インプラント <481>
ブリッジ <427>
部分入れ歯(部分義歯) <179>
総入れ歯(総義歯) <34>
衛生士・技工士・歯科助手 <187>
専門的な質問 <482>
歯科と全身疾患 <260>
海外 <296>
その他 <2604>
予防審美
小林歯科クリニック
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-7-1
地下鉄表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
とんかつまい泉の並び
ミニストップの2階
03-5474-5884
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.
  
上顎インプラントオーバーデンチャー、マグネットかボールか