咬合性外傷と知覚過敏
ミラノ さん 女性  40歳
2017-06-07 07:00:59
以前、噛むと痛いのが 3 ヶ月間続いている件で相談させていただきました。
その節はありがとうございました。


簡単な経緯ですが

噛むと左下奥歯付近が痛い→左下水平に埋まった親知らずの影響か?→親知らず抜歯→ドライソケット→また噛むと痛い→左下奥歯の咬合性外傷→咬合調整→知覚過敏と顎の筋肉痛

以上が4ヶ月間の経過です。



質問ですが

・親知らず抜歯により、左下7番の咬合性外傷が発覚しましたが、最初噛むと痛かったのはこのせい?と思われます。

過去に親知らずと奥歯の隙間に物が挟まり炎症を起こした事や、原因がはっきりせず親知らず抜歯か顎関節症 ( 歯ぎしりや噛み締めがあるのを伝えていたので ) の治療をするか迷われ、先に抜歯してみましょうとなりましたが、以前よりも噛んだ時の痛みは強くなりました。

結果7番の根の支えがなくなり更に悪化させてしまったのでしょうか?
現在噛み合わせの負担を軽減させて2週間弱ですが、咬合性外傷により傷んだ歯はどれ位で痛みがなくなりますか?


直前に流産していたので、親知らずのせいなら早めに抜歯しようと焦ったのをひどく後悔してます。
軽度の顎関節症でスプリント?を作っていたら噛み合わせに気づいて痛みも治まってきたかもしれないのにと考えてしまいます。

・2度目の咬合調整で、かなりあたりが強いとの事で7番の歯を象牙質が露出するまで削られてしまいました。
削っている時に痛みがあり「えっ?」と思っていたら、表面ギリギリとはいえ先に説明もなくここまで削られ、若い先生ですが信頼していたのでショックでした。

確かに噛むのは相当楽になりましたが今度は知覚過敏です。
治癒力があるので1ヶ月位で治ると言われましたが調べているとそう簡単にも思えません。

本当に知覚過敏の症状は短期間で治まるのでしょうか?

今は知覚過敏のお薬を塗布した上に薄くレジンでコーティングしています。
しかしコーティングも3日で剥がれたので補強しました。


さらに顎の筋肉痛のこりをほぐす飲み薬も飲んで、古いマウスピースはソフトなのでハードタイプのスプリント?マウスピースを作っているところです。

7番の歯は安静にして経過観察しかなく、治まれば被せものもいらないようですが、痛みが続きストレスなら抜髄の可能性も言われました。

抜髄はできるだけ避けたいですし、それによって痛みが治まるかも不安です。


こりほぐしの飲み薬で左下全体の重苦しい感じは軽くなりました。
ですがほぼ一日中、特に食事の後、左下付近が鈍痛?疼痛?があり、外傷か知覚過敏か筋肉か何の痛みかわからなくなってきます。

飲食も憂鬱で毎日歯の事ばかり気になり、ひどいストレスで夜の噛み締めも余計ひどくなりました。


5月には大切な婦人科の治療があり、ストレスがあると大変良くないのでそれまでには何とか改善したいと切実に願ってますが1月で今より数段良くなるのでしょうか?

長文乱筆お許し下さい。
小林歯科クリニック(渋谷区神宮前)の小林です。

>軽度の顎関節症でスプリント?を作っていたら噛み合わせに気づいて痛みも治まってきたかもしれないのにと考えてしまいます。

昨今の顎関節治療は、マウスピースの類を用いない流れにシフトしつつあるように思います。


>2度目の咬合調整で、かなりあたりが強いとの事で7番の歯を象牙質が露出するまで削られてしまいました。

咬み合わせの調整と称して、安易に歯や修復物を削ったり、逆に何らかを盛り足したりするのを選択するのは、過去の診療スタイルかと思います。

また、削ったり足したりしたことで一時的に症状が改善しても、また症状が発現することが多いように思います。


>本当に知覚過敏の症状は短期間で治まるのでしょうか?

私だったら、第一選択として、薬剤の塗布よりも、TCHの是正指導をするかもしれません。

参考:TCH、歯列接触癖



>顎の筋肉痛のこりをほぐす飲み薬も飲んで
>こりほぐしの飲み薬で左下全体の重苦しい感じは軽くなりました。

およろしければ、品名を挙げてください。
2017-04-14 07:00:59

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 咬合性外傷と知覚過敏
メインカテゴリ 知覚過敏 <79>
噛み合わせ(咬合) <277>
サブカテゴリ 噛み合わせに関するトラブル <171>
知覚過敏 <79>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <61>
抜歯(抜けた・抜く予定) <1921>
歯の異常・トラブル <1035>
歯の痛み <1877>
知覚過敏 <79>
虫歯(むし歯) <1435>
歯の根っこの病気・異常 <417>
根管治療(神経・根の治療) <1334>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <1113>
歯茎(歯ぐき)の痛み <246>
歯周病(歯槽膿漏) <363>
歯列矯正(矯正歯科) <1201>
歯並び(歯ならび) <773>
噛み合わせ(咬合) <277>
歯軋り(歯ぎしり) <164>
顎関節症 <150>
審美歯科・美容歯科 <175>
歯のホワイトニング <48>
口臭 <50>
親知らず(親不知) <1276>
上顎洞炎(蓄膿症) <44>
小児歯科・子供の歯 <393>
妊娠〜出産〜授乳 <179>
歯磨き(プラークコントロール) <167>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <588>
アレルギー(過敏症) <39>
麻酔 <137>
薬剤 <139>
レントゲン・CT <86>
歯科恐怖症 <76>
治療費・費用 <248>
医療ミス・裁判・不信感 <537>
詰め物、インレー <478>
クラウン(差し歯・被せ物) <913>
支台築造(歯の土台) <98>
インプラント <474>
ブリッジ <433>
部分入れ歯(部分義歯) <177>
総入れ歯(総義歯) <35>
衛生士・技工士・歯科助手 <183>
専門的な質問 <467>
歯科と全身疾患 <260>
海外 <302>
その他 <2606>
予防審美
小林歯科クリニック
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-7-1
地下鉄表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
とんかつまい泉の並び
ミニストップの2階
03-5474-5884
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.
  
咬合性外傷と知覚過敏