ゴールドの補綴を勧められたが、二次齲蝕を防ぎつつメタルフリー希望
pikaruno さん 男性  46歳
2017-05-20 07:00:00
はじめて質問させていただきます。

右下6番の5番と接している部分
右下5番の6番と接している外側部分
が欠けてしまいました。

両方の歯とも治療済み(グラディアorセレック)の歯です。
当初、右下6番は、2次カリエスになっている可能性もあるので治療することになっていたのですが、急性副鼻腔炎になってしまい延期していたところ、食事中に欠けてしまいました。
右下6番については、欠ける前から20Kゴールドを勧められていました。
当初はインレーでいけるかもという話でしたが、大きく欠けてしまったのでクラウンになるとのこと。

今までまでメタルフリーの状態だったので、20Kゴールドにはかなり抵抗がありました。
ただ2次カリエスを防いで後20年歯を持たせたいなら歯の境目の適合を考えて20Kゴールドを勧められました。

セラミックは、5年で欠けるか、隙間から2次カリエスになる可能性が高く、セラミックで治療するたびに、歯を削り続けると、20年後には、自分の歯が維持できない可能性が高いという説明もありました。

そのため、右下6番は、20Kゴールドのインレーになる覚悟していたところ、右下6番だけでなく右下5番も欠けてしまい、ゴールドクラウンとゴールドインレーを入れるように勧められました。

こちらのサイトでもゴールドインレーは、歯医者さんご自身が選択されるくらい2次カリエスを防ぐインレーの素材としては良いことは、認識しております。

私の本音としては、できるだけ削らずに、2次カリエスを防いだ上でメタルフリーにしたいです。
2次カリエス以外の原因でインレーやクラウンが欠けた場合でも自分の天然歯を大きく削ることなく、再度メタルフリー治療をしていただきたいです。


質問が3点ございます。
1.歯医者さんの技術や方針によっては、私の本音を実現することは、可能なものでしょうか?

2.2次カリエスになりにくいというゴールドの歯の境目との適合については、インレーだけではなくクラウンの場合も他の素材よりも優れているのでしょうか?

3.2次カリエスになりにくいための、折衷案としてメタルボンド(金)にするという考え方はありでしょうか?
噛む面がセラミックになると割れやすかったりするデメリットはあるとは思いますが・・。


もちろん、2次カリエスを防ぐためには、私自身の日頃のケアやPMTC等のメンテナンスに通うことは、認識しております。

専門用語もよくわからず、雑多な質問になり恐縮ではございますが、ご回答いただけたら幸いです。

よろしくお願いいたします。
小林歯科クリニック(渋谷区神宮前)の小林です。

pikaruno さん、こんにちは。

>2次カリエスを防ぐためには、私自身の日頃のケアやPMTC等のメンテナンスに通うことは、認識しております。

そもそも、虫歯になってしまう原因は、歯磨きの不足に依ることよりも、間食や飲料を含む食品の摂り方に依ることの方が、圧倒的に関与します。

どうして多くの虫歯が発現してしまったのか、生活習慣の見直しと是正がなければ、新たな、また、二次的な虫歯が発現してしまうのが、容易に想定されます。

修復のことを考える前に、フッ素の使用を含むプラークコントロール法のみならず、間食や飲料を含む食品の摂り方など、自分流ではなく、歯科医院でよく指導していただきましょう。
2017-05-14 07:03:13

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る ゴールドの補綴を勧められたが、二次齲蝕を防ぎつつメタルフリー希望
メインカテゴリ 虫歯(むし歯) <1426>
詰め物、インレー <479>
クラウン(差し歯・被せ物) <903>
サブカテゴリ ゴールドインレー(金の詰め物) <11>
詰め物、インレーその他 <74>
ゴールドクラウン(金の被せ物) <9>
お勧めのクラウン(被せ物・差し歯) <48>
二次カリエス(2次的な虫歯) <85>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <63>
抜歯(抜けた・抜く予定) <1925>
歯の異常・トラブル <1022>
歯の痛み <1866>
知覚過敏 <80>
虫歯(むし歯) <1426>
歯の根っこの病気・異常 <410>
根管治療(神経・根の治療) <1334>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <1110>
歯茎(歯ぐき)の痛み <245>
歯周病(歯槽膿漏) <362>
歯列矯正(矯正歯科) <1203>
歯並び(歯ならび) <779>
噛み合わせ(咬合) <273>
歯軋り(歯ぎしり) <168>
顎関節症 <150>
審美歯科・美容歯科 <173>
歯のホワイトニング <47>
口臭 <46>
親知らず(親不知) <1283>
上顎洞炎(蓄膿症) <45>
小児歯科・子供の歯 <391>
妊娠〜出産〜授乳 <177>
歯磨き(プラークコントロール) <165>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <587>
アレルギー(過敏症) <39>
麻酔 <136>
薬剤 <142>
レントゲン・CT <85>
歯科恐怖症 <74>
治療費・費用 <245>
医療ミス・裁判・不信感 <533>
詰め物、インレー <479>
クラウン(差し歯・被せ物) <903>
支台築造(歯の土台) <93>
インプラント <480>
ブリッジ <429>
部分入れ歯(部分義歯) <179>
総入れ歯(総義歯) <34>
衛生士・技工士・歯科助手 <187>
専門的な質問 <482>
歯科と全身疾患 <260>
海外 <296>
その他 <2611>
予防審美
小林歯科クリニック
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-7-1
地下鉄表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
とんかつまい泉の並び
ミニストップの2階
03-5474-5884
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.
  
ゴールドの補綴を勧められたが、二次齲蝕を防ぎつつメタルフリー希望