食べカスが歯に残っていた場合、口内は中性にならないのでしょうか?
ヨッスィー さん 男性  25歳
2017-11-15 07:00:03
ネットの記事であったのですが、歯を溶かすようになるのは、糖などのエネルギー源をプラークが吸収したときで、それにより活動が活発になり、プラーク本体の酸性が強くなり、付着している歯の表面(エナメル質)が酸によって溶けはじめる。
とありました。

吸収する時とは飲食時のことだと思うのですが、その後唾液の力で中性になるのは分かります。

ただ、食べカスが残っていた場合はずっと糖を吸収し続けてしまい、中性にならないのでしょうか?

よろしくお願い致します。
小林歯科クリニック(渋谷区神宮前)の小林です。

>中性にならないのでしょうか?

理屈のうえでは、そういうことになりますね。

ただし、歯質が溶解する酸性度を維持し続けるかどうかは、別物かと思います。


>ネットの記事であったのです

中途半端にしか書いていないことが、結構ありますね。
2017-11-07 07:00:03

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 食べカスが歯に残っていた場合、口内は中性にならないのでしょうか?
メインカテゴリ その他 <2608>
サブカテゴリ その他(その他) <326>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <63>
抜歯(抜けた・抜く予定) <1921>
歯の異常・トラブル <1023>
歯の痛み <1867>
知覚過敏 <80>
虫歯(むし歯) <1429>
歯の根っこの病気・異常 <411>
根管治療(神経・根の治療) <1335>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <1110>
歯茎(歯ぐき)の痛み <246>
歯周病(歯槽膿漏) <361>
歯列矯正(矯正歯科) <1203>
歯並び(歯ならび) <780>
噛み合わせ(咬合) <274>
歯軋り(歯ぎしり) <169>
顎関節症 <151>
審美歯科・美容歯科 <173>
歯のホワイトニング <47>
口臭 <46>
親知らず(親不知) <1284>
上顎洞炎(蓄膿症) <45>
小児歯科・子供の歯 <392>
妊娠〜出産〜授乳 <176>
歯磨き(プラークコントロール) <165>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <587>
アレルギー(過敏症) <39>
麻酔 <135>
薬剤 <142>
レントゲン・CT <86>
歯科恐怖症 <74>
治療費・費用 <245>
医療ミス・裁判・不信感 <533>
詰め物、インレー <478>
クラウン(差し歯・被せ物) <904>
支台築造(歯の土台) <93>
インプラント <481>
ブリッジ <427>
部分入れ歯(部分義歯) <179>
総入れ歯(総義歯) <34>
衛生士・技工士・歯科助手 <187>
専門的な質問 <484>
歯科と全身疾患 <260>
海外 <296>
その他 <2608>
予防審美
小林歯科クリニック
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-7-1
地下鉄表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
とんかつまい泉の並び
ミニストップの2階
03-5474-5884
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.
  
食べカスが歯に残っていた場合、口内は中性にならないのでしょうか?