上顎洞炎の治療方法について
は な さん 女性  31歳
2018-08-16 08:50:38
6月中旬に右上の親知らずを抜歯し、ひどい頭痛、頬痛、後鼻漏があり、上顎洞炎と診断されました。

7月中旬までは耳鼻科に通い、様々な抗生剤を飲みましたが治らず、結果大学病院の口腔外科を紹介され、現在は大学病院に通っています。

現在の薬はクラリスを1日2錠のみ。
2ヶ月近く服薬しておりますがまだ少しの鼻づまりと、頬がたまにうずく感じがあります。
痛み止めは飲まなくても痛くない程度には治りました。

しかし、CTの結果まだ完治しておらず、再度親知らずを抜いた部分から上顎洞に穴をあけて膿を出す手術をすることになりました。


そこで何点か教えて下さい。

?耳鼻科では鼻から内視鏡の手術と言われておりますが、口腔外科では歯から手術と言われています。
どちらの手術がリスクが少ないでしょうか?

?現状を見て、手術しかないでしょうか?
まだ薬で治る可能性はないでしょうか?

?症状の診断のため、1月でCT2回、レントゲンを5回ほど撮っておりますが、放射線の観点で人体への影響は問題ないでしょうか?
その間に乳がん検診でマンモグラフィも撮影しております。
小林歯科クリニック(渋谷区神宮前)の小林です。

>耳鼻科では鼻から内視鏡の手術と言われておりますが、口腔外科では歯から手術と言われています。
>どちらの手術がリスクが少ないでしょうか?

前者の方が、(モニター越しではありますが)直接的に診れることや、組織の保存を鑑みると、圧倒的にダメージが少ないでしょう。

内視鏡下鼻副鼻腔手術(ESS)を扱っている耳鼻咽喉科で、実際の状態に合わせた説明を受けてください。


>現状を見て、手術しかないでしょうか?

「薬で治る可能性」もゼロではないとは思いますが、耳鼻科でも口腔外科でも手術の説明を受けたのでしたら、ちゃんと手術を受けるのが良いかもしれません。


>症状の診断のため、1月でCT2回、レントゲンを5回ほど撮っておりますが、放射線の観点で人体への影響は問題ないでしょうか?

医療被曝についての投稿は、このサイトの過去ログに沢山ありますが、それぞれの担当医が必要と判断して撮っていただいたのでしたら、仕方がないものと思います。
2018-08-06 08:50:38

この相談の詳細情報
このページは歯チャンネル提供のリンク機能を使用して、原文より一部抜粋したものです。
全ての質問文と回答を見る際は、原文をお読みください。
原文を見る 上顎洞炎の治療方法について
メインカテゴリ 抜歯(抜けた・抜く予定) <1923>
親知らず(親不知) <1282>
上顎洞炎(蓄膿症) <45>
サブカテゴリ 抜歯後の痛み・異常・トラブル <620>
抜歯:8番(第三大臼歯、親知らず) <887>
親知らずの抜歯 <710>
上顎洞炎(蓄膿症) <45>
親知らず抜歯後の後遺症・トラブル <232>
       
歯科相談 メインカテゴリ一覧
歯医者さんの探し方 <63>
抜歯(抜けた・抜く予定) <1923>
歯の異常・トラブル <1022>
歯の痛み <1868>
知覚過敏 <80>
虫歯(むし歯) <1427>
歯の根っこの病気・異常 <410>
根管治療(神経・根の治療) <1334>
歯茎(歯ぐき)の病気・異常 <1110>
歯茎(歯ぐき)の痛み <245>
歯周病(歯槽膿漏) <362>
歯列矯正(矯正歯科) <1203>
歯並び(歯ならび) <779>
噛み合わせ(咬合) <273>
歯軋り(歯ぎしり) <168>
顎関節症 <150>
審美歯科・美容歯科 <173>
歯のホワイトニング <47>
口臭 <46>
親知らず(親不知) <1282>
上顎洞炎(蓄膿症) <45>
小児歯科・子供の歯 <391>
妊娠〜出産〜授乳 <176>
歯磨き(プラークコントロール) <165>
舌、粘膜、唇の病気・異常 <586>
アレルギー(過敏症) <39>
麻酔 <137>
薬剤 <141>
レントゲン・CT <85>
歯科恐怖症 <74>
治療費・費用 <245>
医療ミス・裁判・不信感 <533>
詰め物、インレー <478>
クラウン(差し歯・被せ物) <903>
支台築造(歯の土台) <93>
インプラント <481>
ブリッジ <430>
部分入れ歯(部分義歯) <179>
総入れ歯(総義歯) <34>
衛生士・技工士・歯科助手 <187>
専門的な質問 <482>
歯科と全身疾患 <260>
海外 <296>
その他 <2611>
予防審美
小林歯科クリニック
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前4-7-1
地下鉄表参道駅
(銀座・半蔵門・千代田線)
A2出口から徒歩3分
とんかつまい泉の並び
ミニストップの2階
03-5474-5884
Copyright(C)
1994〜 小林歯科クリニック
All rights reserved.
  
上顎洞炎の治療方法について